北九州市の産婦人科 濱口産婦人科クリニック

ご出産という新しい生命(赤ちゃん)のこの時を共に迎えることをスタッフも共に喜びます。

濱口産婦人科クリニックが提供するそのほかのコンテンツ(読み物)

フィブリノゲン製剤について

フィブリノゲン製剤に関して

フィブリノゲン製剤とは、大量出血時の止血等の目的で、特に昭和63年6月以前に多くの医療機関で用いられていた、人の血液の成分を原料とした医薬品の一種です。

当時、フィブリノゲン製剤の原料に混入した肝炎ウイルスを不活性化するための技術が十分でなかったことから、平成6年以前に同製剤を投与された方々は、肝炎ウイルスに感染している可能性が一般の方より高いと考えられます。 そのため、厚生労働省では、フィブリノゲン製剤の納入先とされている医療機関を公表し、これら医療機関の協力を得て、同製剤を投与された可能性のある方々に対し肝炎ウイルス検査の呼びかけを行うこととしました。

厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1209-1/index.html

当クリニックでの投与に関して

当クリニックでは、昭和57年(1982年)6月に、この製剤を2剤のみ購入しております。 それ以前、および、それ以後には一切、購入しておりません。

購入した製剤を、どなたかに投与したか、あるいは投与せずに廃棄・返品したか、に関しましては、20年以上前のことでカルテ等の保存期間を過ぎており、特定はできておりません。 当クリニックにおいて投与した可能性があるのは、昭和57年6月から、およそ2年間~昭和59年(1984年)5月の間です。

それ以外の患者さまに関しましては、当クリニックでこの製剤を投与した可能性はございません。

もし、患者さまが先の期間中に当クリニックでフィブリノゲン製剤の投与を受けた可能性がおありでしたら、ぜひ、C型肝炎の検査を受けられることをお勧めいたします。

北九州市では、今回の件を受けまして、市保健所を含む3ヶ所で肝炎検査を実施しています。 詳しいことは、北九州市保健所保健予防課、または、各区役所生活支援課にお尋ねください。

北九州市保健所 保健予防課 093-522-8711 門司区役所 生活支援課 093-331-1881
小倉北区役所 生活支援課 093-582-3440 小倉南区役所 生活支援課 093-951-4111
若松区役所 生活支援課 093-761-5321 八幡東区役所 生活支援課 093-671-080
八幡西区役所 生活支援課 093-642-1441 戸畑区役所 生活支援課 093-871-150